AD/HD?治療記

AD/HDの疑いがあり、神経科を受診中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

このブログについて

このブログについて:
僕はAD/HDの疑いがあり、現在とある心療内科を受診しています。
今のところは『疑い』ですが、本などで調べた上で可能性は高いと感じています。
勿論、なんとか治したいと思っています。
その治療に当たって、今の気持ちをできる限り残しておくためにこのブログを始めます。
続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2020/09/02(水) 20:27:44|
  2. このブログについて

会社を辞めようか考え中。

ついこの間社長に呼び出されて、会社を辞めた方が良いんじゃないか、といった趣旨の話をされました。

呼び出されたと言っても、食事をしながらであったこともあり、別に威圧的な言い方ではなかったです。
社長は社長なりに立場もあり、経営に関する判断として、そういう提示も必要なのでしょう。

そして、社長なりに僕の性格や向き不向き、AD/HDの事を考えた上での話だったし、
僕が今の仕事に対して初め持っていた情熱の殆どを失ってしまっていることも見抜かれているように思いました。


まぁ自分が今の仕事(サービス業)に向いてないなんて事は、初めて心療内科を受診する前から分かってはいましたが、
あくまでも性格的な話でありまさか自分に障害があるとは思っていなかったわけで、正直戸惑い、そこに囚われている自分がいました。

でも最近は薬も効き始めたようで,何とかやっていけるんじゃないかと思った矢先に今回の話。
正直、ぐらつきます。
  1. 2010/11/13(土) 00:18:07|
  2. 未分類

検査一日目

今日は仕事を早退けして心理検査行ってきました。

内容は心療内科初診と同じような面接で、時間が二時間程と長く設定されていました。

初診の時のように、仕事の話や子供の頃の話をしていたのですが、
時間が長い分次々に思い出されて、だんだん涙が出てきました。
忘れていたのですが、存外覚えていたようです。

最後に木の絵を描かされて終わりました。

次回は知能検査を行い、その後結果を教えてくれるそうです。
  1. 2010/09/25(土) 21:15:29|
  2. 生活・治療

2/3

発達障害者は、なまじ普通に出来ることもあるが故に過分に期待され、
却って怠惰、反抗的であると誤解されやすく、非難の対象になりやすいそうです。
「あなたはこれは良くできるのになぜこれが出来ないの?」といった調子のセリフは、どの発達障害関連書籍にも登場します。
発達障害者はそういう性質の為に人より怒られることが多く、自意識が低くなりがちです。

また、全般的に発達障害者の情緒面の発達は、普通の人の2/3くらいだそうです。
今僕は24歳ですが、情緒的には16歳程度ということになるのでしょうか。まだ青年期始まったばかりという事ですね。


こういった理由により、発達障害者は人より長い幼児期、少年期に、
ネガティブな言葉をたらふく浴びて育つ事になるのです。
自己認識が低いことも、宜なるかなといった感じです。

しかし逆に、その人より長い幼児期、少年期を温かい言葉で満たしてあげられたら、
それは人格形成において素晴らしいことだと思うのです。

自身がそうでありながら、他人事のような言い方ですが、
今回思ったのはそれだけです。
  1. 2010/09/22(水) 18:52:41|
  2. 知識・考察

ストラテラの抑鬱効果

診療中、薬について「最近、仕事の面で変わったと思うようなことはありますか?」と聞かれたので、
最近は落ち込みにくくなったように感じるのですが、ストラテラにはそんな作用もあるんですか?と聞いてみました。

先生によると、ストラテラにはAD/HD治療薬であるだけでなく抑鬱剤としての効果もあるそうです。
という事は、普通の人は僕らほどには落ち込まないものなんですか?と聞いたら、そうでしょうね、という答えが。

普通は怒られてもこんなに気楽なのかと思いました。
だったら僕はこれまで結構損してきたんですね。
そしてこれからは損せずにすむのですね。

しかし落ち込みやすいという性質はAD/HDが持つものなのか、
生育環境によるものなのか。。どちらなんでしょう。
  1. 2010/09/22(水) 13:45:27|
  2. 生活・治療
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。